iMac2020のメモリは自分で増設したほうがお得【DTM用PC】



こんにちは、まぺろにです。
映像制作会社のデザイナーをしています。

今回はiMac 2020を購入しましたので使用した感じと、メモリをカスタマイズしたことについても書いていきます。

この記事はこんな人向け
・ iMac2020が気になっている
・PCを買い替えてみたい
・お得にiMacを買いたい

10年ぶりの新Mac



自分は普段仕事の際はWindowsを使っています。Macは趣味の音楽制作(DTM)用として使っていました。

特に仕事で使うわけでもないし良いかなーと思い2010年に新古品で買ったMac Book Pro 17インチをそのままゆるゆると使っていました。

しかし、次第にOSや音楽ソフトとの相性が悪くなってきてしまい、速度が遅かったり、目玉焼きが焼けそうなほど熱を発するようになってきたので、そろそろ変え時かな~と思っていました。

そんな時にiMacの新型2020が発表されたので、どうせなら今まで試したことのない、大きい画面のiMacを買おうと思いました。 

27インチ購入



以下が自分の使用用途と、購入したiMacの構成です。

使用用途は主に
・DTM(音楽制作)
・エフェクトを多用しない動画編集
・写真編集
・デザイン物作成

などです

構成
3.3GHz 6コア第10世代Intel Core i5プロセッサ
Turbo Boost使用時最大4.8GHz
8GB 2,666MHz DDR4メモリ(最大128GB)
512GB SSDストレージ¹
Radeon Pro 5300(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
Thunderbolt 3ポート x 2
5,120 x 2,880ピクセル解像度のRetina 5K P3



メモリは最低の8GBでオーダーしました。
後に書きますが、iMac27インチはメモリを自分で増設できるので、その方が値段的に数万円得になります。

CPUはi5にしました。10世代のintelなので前に使ってたやつよりは数段性能はよくなっています。個人的にはAMDのCPUも使ってみたいですがMacではカスタマイズできないみたいなので。

※CPUはパソコンの頭脳的な部分で、頭が良いと計算も速くなるので、快適にPCを動かせるようになります。

※メモリはよく例えられるのが、作業机です。 メモリの数値が多いほど同時に行う作業が多くなります。

到着~開封~メモリ増設



Macの製品はカスタマイズすると納品までに時間がかかるので、大体オーダーしてから3~4週間後に到着しました!
1週間くらいかと思っていたんですが、海外からの発送&コロナ等の影響で遅れていたみたいです。

到着

配送はヤマト運輸さんで届きました。
その時のちょっと面白かった出来事は下記に書きました笑

「コジプロ×ヤマト運輸」届ける者たちの熱いコラボ


開封

まず、箱がめっちゃでかいです。27インチのものなので当り前ですが、とにかくTHE 家電!という感じでした。

外箱の段ボールを開けると、見慣れたApple製品のデザインが見えてきます。

中に入っているのはiMac本体と電源ケーブルやオプションのキーボードとマジックパッドです。

メモリを増設

一度出荷されてきた状態できちんと電源が入るか確認して各種設定をしてからメモリ増設をします。(初期不良の可能性もあるため)

iMacの後ろ側にハッチがあるので、そこを開けてメモリ交換をします。
自分は以下のサイト様を参考にメモリ増設をしました。

https://corriente.top/imac5k-27inch-2019-memory/

非常に分かりやすく、初心者の自分でも簡単にメモリ交換が行えました!おすすめのメモリーについても詳しく書かれています。


Mac2010→iMac2020で体感した変化



DTMと動画編集目線から書くと

・画面が大きいいため作業がやりやすい
・5Kディスプレイが美しい
・CPUが新世代のものなので書き出し等速い
・メモリ増設で快適に作業
・本体がカッコいい
・モチベが上がりまくっている
・作業自体が楽しくなった



こんな感じでしょうか。
画面が27インチと大きくなったため作業もやりやすいですし、速度も快適になりました。
なにより、近づいてもドットが見えないほど綺麗な5Kのディスプレイが素晴らしすぎます。

ディスプレイが大きいことにより展開しておけるウィンドウが増えたので、同時に確認する必要がある個所なども効率よく見ることができます。Mac Bookの時にはウィンドウをいくつも開いておくことがサイズ的に厳しかったので。

まぺろに

ディスプレイの大きさで作業の効率って変わるんですね!



Apple製品なので、見た目のスタイリッシュさはもちろんの事、
朝の仕事前にDTMをしたり動画編集をしたりする、いわゆる朝活が楽しくなりました。作業することに対してのモチベーションもかなり上がりました。

よく、環境を変えると仕事がはかどると聞きますが、まさにこれがそうなんですね。

今のiMacが壊れてもまた買う?



買います!その時の最新バージョンだと思いますけど、かなり使いやすく気に入っています。

熱くなると聞いたけど。。



iMacって画面の周囲がかなり熱くなって、ストーブ付けてるみたいになると聞いてました。
しかし、少し古いバージョンは発熱が多かったみたいです。
最近のものは、そこのところが上手く解消されているようで、熱いと感じることなく快適に使えています。

まとめ



今回は新型のiMacに変えてみた感想を書きました。
仕事でも趣味の作業でも、PCの快適さは作業の効率やストレスのかかり具合に直結するので、できるかぎり良いものを用意したいですね。

それでは、最後まで読んでいただき有難うございました!