リモートワーク時の必需品とルーティンなどを書いてみる



こんにちは、まぺろにです。
映像制作会社のデザイナーをしています。

前回のリモートワークの記事が思いのほか読まれていました

リモートワークのメリットが大きかったので継続することにした話

なので、今回はリモートワーク時の必需品だったり、自分がおこなってるルーティンなどを書いていきます。



この記事はこういう人向け
・現在リモートワーク中
・会社がリモートワーク推奨してる
・通勤無理!リモートしたい!



リモートワーク時の環境(自分の場合)



リモートワークをする際に色々と方法はあると思いますが、自分は自宅PCから会社のPCを【google クロームリモート】で作業するスタイルをとっています。

この際に会社のPCがONになっていないと操作できないので、会社に出社している方に朝PCの電源を入れてもらっています。

通信環境はau光を使用していますが、ラグもほぼなく問題ないと思います。※厳密には画面のグラデーションが少し粗いところもあります

リモート時の必需品



リモートするときにあった方がいいものを書いていきます。

PCとモニター



いうまでもなくですが。特に映像制作やデザイナーの方は、会社のPCと同スペックと行かないまでも、そこそこのPCを用意した方が良いと思います。

モニターも同じで、割と発色が貧弱だと会社のPCで確認した時と印象が違う・・・という事にもなりかねません。

体への負担が少ない椅子



自分は元々イラストを描いたりするので、長時間座る椅子にはお金をかけました。
高すぎなくてもいいですが、自分の体型に合った椅子を買うのが良いと思います。

買う際は、実際に椅子に座って試してみることを強くお勧めします。


僕は下記の場所で椅子を選びました。

workaholic】というワーキングチェアの専門店です

https://www.iamworkaholic.jp/

今調べて知ったのですが、以前買った場所から移転したみたいです。広くなってお店の中も見やすそうな感じです。

椅子の記事もまた書こうかと思いますけど、ここで選んだものは僕の体型に合っていたのか、ホントに疲れにくくなりました!人生で買ってよかったもの指折に入ります。

ネット環境



上でも書きましたが、自分はau光を使ってます。回線速度も気にならないのでおススメです。

スカイプやZOOM等



スカイプなどの通話ができるチャットアプリをおすすめします。特に周りのセクションと連携が必要な方は必須ツールです。

リモートワーク時のルーティン



リモート、在宅勤務で陥りやすいのが圧倒的な運動不足です。
今まで通勤をしていた人はその通勤時間が無くなるだけで、体調がガクッと変化することが実感できるかと思います。
自分は以下の事を意識してルーティンとしています。

定期的に立ちながら仕事をする



デザイナーなので基本は座り仕事ですが、通勤時の歩く習慣が無くなったことで、足のだるさが起きやすくなりました。お昼は近くのスーパーに歩いていきますが、距離が近いので運動とは呼べません。


これを解消するためにネットで調べた結果、立ちながら仕事をすると改善されるとのことで、実際に今このブログを書いているときも立ちながら書いています。

ふくらはぎを動かさないことで、どうしても血液の流れが悪くなってしまうので、そこを改善していきます。

自宅でトレーニング



HIITという短時間で心拍数を挙げる運動がオススメです。

やり方は20秒全力で動いて→10秒休憩するを繰り返す運動です。



結構大事!人と話すことを意識する



リモートの場合人と話す回数が必然的に減ります。
これを解消するために、自分は次の事を意識しています。

買い物に行った時に言葉を交わす



黙ってレジに商品を出すのではなく、少しでも言葉を発して最後に「ありがとう」を言うなどを意識しています。

会社の人とスカイプでの通話



文字だけだとどうしても冷たい印象になるので、なるべく通話をするように意識しています。これはコミュニケーションの一環として重要なことです。

飲み会もオンライン



自粛期間中はオンラインでの飲み会も体験しました。
いつもとは違った感覚で、かつ自分の家なので居酒屋と違いトイレも並ばなくて済みます笑
「何時まで」と時間を決めて行う分には結構いいと思います。

まとめ



今回はリモート時の必需品とルーティンに重点を置きました。

大企業でも単身赴任を取りやめてリモートにするところも増えてますし、これから社会のデフォになっていきそうですね。

それでは最後まで読んでいただき有難うございました!